考え方 | 福岡の小野孝義税理士事務所

092-791-1011
お問い合わせ
日常気づいた経営メルマガ

HOME>考え方

考え方

会社の価値観をフィロソフィ(考え方)に落とし込んで現場の仕事として実践し、1時間当たりの経常利益を出して業績の成長を図ります。 どちらもP・D・C・Aサイクルを回すことで向上させていきます。
これが人の成長=業績の成長となる経営です。

価値観を定め、フィロソフィ(考え方)に落とし込む
-私たちの理想追求-

フィロソフィ(考え方)は現場の仕事で実践できるよう文章化し、スタッフ全員で共有します。

【当事務所の実践例】
報告・連絡・相談(ホウレンソウ)に関する考え方

実務を担当したスタッフは、お客様から直接依頼を受けたスタッフに必ず完了報告をします。
期間を要する(2週間以上要する)時は、お客様への経過報告を欠かさないようにします。

たかが報告・連絡・相談と思うことなかれ!ホウレンソウでお客様の気持ちは大きく変わります!
つまり、お客様がどんな気持ちで待っているか、我々の報告で安心でき、その仕事を忘れて過ごせるかを思い遣ると見えてきます。

報告・連絡・相談を一番にすべき人はお客様です。
したがって、お客様から依頼を受けたスタッフに逐一報告・連絡・相談をすることは、最も安心と希望を提供する源です。お客様中心に考えていけば、ホウレンソウが見えてきます。

目的を定め、目標に落とし込む
-仕事をする理由-

「何のために会社を運営するのか」が仕事の目的。
そして目的に到達する途中の姿が目標=目指すところです。

【当事務所の実践例】
小野事務所の目的と目標

■小野事務所の目的
お客様を創り出し、お客様、取引先、私たち共に繁栄していくこと

■小野事務所の目標
お客様の理念に沿った目標達成と業績向上のサポート
小野事務所の価値観(安心感と希望)共有とアメーバー経営(ビジネス単位別採算制度)の導入

戦略を立てる
-目的・目標達成の構想-

どのように目標達成の状況を作っていくかが戦略です。
「三年後に目指す人物像」「個人の目標達成シート」など具体的な行動指針を定めます。
会社と個人の目標をリンクさせるのがポイントです。

計画を立てる
-具体的な行動計画-

戦略に基づいて会社と個人の年間スケジュール表を作成し、5W1Hを明確にします。
スタッフは会社と自身の目標を把握して、行動に移します。

P・D・C・Aサイクルを確立し、質を高める
– 現場と計画をつなぐ仕組み –

P・D・C・Aとは「計画→行動→検証→改善」のこと。
これを繰り返し、仕事の精度を上げます。
採点式の「仕事の基準」を基に自己採点と上司採点で改善点を見つける、毎月1時間当たりの採算を出す、など検証は具体的にします。

現場の仕事
-日々の行動-

上記フィロソフィ(考え方)の実践に加え、毎日朝礼で今日の計画を発表し、終礼で今日の行動結果の振り返りを発表するなど、日々の成長を促します。